イスに座っている女性
ベンチに座っている女性

ピンクコンパニオンとは?

男性オンリーの宴会に桃色の刺激と花を添えてくれるというピンクコンパニオン…彼女たちは、一体何をしてくれるコンパニオンなのでしょうか。「お酒の相手」を越えた、ピンクなサービスとは?

刺激ある宴会を…

こっちを見ている女性

一度は呼んで遊んでみたいコンパニオンの中でもエッチなのはこちらをご参照ください。

夢があるピンクコンパニオンを呼んで男のロマンを叶えましょう。いままでに体験したことのない宴会を開催できますよ。

男性オンリーの宴会を行うことになってしまった……そんなときの幹事さんはなかなか大変です。
何しろ男性ばかりということは、最初のうちはマァ盛り上がるでしょう。「今夜は無礼講だー!」ということで、男同士の連帯意識みたいなのもあって大いに楽しい時間を過ごすことができるでしょう。しかし、それにはやがて限界がやってきます。アルコールが入って開放的な気分になっているのにまわりにいるのはむさ苦しい男、男、男……となれば何だかやり場のない虚しさのようなものが不意に襲ってきて、開始2時間くらいでシーンと静まり返って何やら不穏な空気が流れる、やがてどこかの席でケンカが起こる、みたいなことにもなりかねません。
そこで、幹事さんには、そのような状況を防ぐべく男性オンリーの宴会にちょっとした仕掛けをすることをオススメします。
そう、お色気担当の女性、すなわちピンクコンパニオンを送り込むのです。男性オンリーの宴会がやがて不穏な空気に陥るまでになってしまうのはすべて、それが「男性オンリーである」という状況に起因するといえます。
しかし、たとえばピンクコンパニオンのようなお色気担当の女性がいればそのような状況は変わるでしょう。
アルコールが入って開放的な気分になったとき、ピンクコンパニオンがそこにいる……そういう状況であれば、お酒のお酌あり、おさわりあり(!)といったことで男性の気持ちをやわらげ、楽しませ、長い夜をたっぷり楽しませてくれるのです。
しかし、そんなピンクコンパニオン、「送り込む」といったって何をどうすればいいんだか?という幹事さんも多いと思います。
そこで、ここではピンクコンパニオンの呼び方、楽しみ方を伝授したいと思います。

試食をしている女性

どうやって呼べる?

ピンクコンパニオンを男性オンリーの宴会に呼ぶには、一体何をすればいいのでしょうか?温泉旅館で、カラオケボックスで、あるいは別の場所で。呼んで、思い通りに楽しむ方法とは?

スマホを見ている女性

1対1で楽しめる!

男性オンリー、参加者1名の「宴会」でも、実はピンクコンパニオンを呼ぶことができます。混浴温泉で、個室居酒屋で、イチャイチャしながら過ごすふたりきりの時間……を、楽しめるのです。

PCを使っている女性

記事一覧

「桃色の刺激たっぷり!ピンクコンパニオンを呼ぶ宴会」の記事一覧です。